沿革

昭和11年 針生孝三が仙台市柳町にて針生製本所として開業
昭和23年
右寄せ

花京院に新築された工場(昭和23年)

仙台市花京院に新工場建設 印刷部門を新設 書籍関連を中心とした展開をスタート
昭和24年 株式会社針生印刷製本所として法人化
昭和38年
右寄せ

活版印刷時代の工場内部

業務拡張により仙台市小田原に新工場を建設
昭和41年 仙台印刷工業団地設立に参画し、六丁の目に本社工場を移転
昭和49年 針生印刷株式会社に社名変更
昭和58年
右寄せ

東北で初めて導入された
UNIX System V搭載の電算写植機
COMPOTEX(昭和58年)

活字の全廃とともに組版のコンピューター化に取り組む。電算写植機COMPOTEXを導入し、情報処理を強みとした印刷会社へ
昭和62年 工場を増築し3階建てに
同時に菊全版4色機を導入
右寄せ

工場を3階建てに増築(昭和62年)

右寄せ

ハイデルベルグ菊全版4色機
SPEEDMASTER 102V導入
(昭和62年)

平成元年 マッキントッシュⅡ導入 図版制作の電子化をスタート
平成06年 デザイン部門新設
平成08年 異業種9社と共に協同組合みやぎマルチメディア・マジックを設立。
マルチメディアへの本格的な取組みをスタート
平成08年 富士ゼロックス社のドキュテック135を2台導入、オンデマンド印刷を開始
平成10年 NPOなどとの連携を深め、地域密着を強めるとともに、地域課題解決を志向した印刷会社へ
平成13年
右寄せ

新本社竣工(平成13年)

新本社竣工
平成14年 社名をハリウコミュニケーションズ株式会社へ変更
平成17年 経済産業省事業キャリア教育事業スタート
平成18年
右寄せ

新工場竣工(平成18年)

新工場竣工
平成19年 経済産業省事業理科特別授業スタート
平成24年 学・社教育支援室新設 本格的に学校教育を支える仕組みづくりに取り組む
平成28年 価値創造支援室新設 取材・編集部門の新設