地域と共に取り組む防災・減災

地域と共に取り組む防災・減災。中学生による「防災・安全マップ」づくりをサポート

当社が立地している仙台市若林区は東日本大震災で大きな津波被害があった地域です。区内にある仙台市立七郷中学校では、家を流されたりして仮設住宅で暮らすことを余儀なくされた生徒も多くいました。このような経験は地域防災に向けた学校全体に意識を大きく変え、学校独自の防災教育がスタートすることになりました。現在では新たな学校防災教育のモデル校として大きな注目を集めています。

防災教育の一環として2012年にスタートしたのが、「防災マップ作り」でした。ハリウコミュニケーションズ株式会社はこれまでも多くの学校の防災・安全マップ作りをサポートしてきた実績を活かし、学校、町内会、NPO法人などと連携し、この事業をサポート。防災士の講話やワークショップ、そしてまち歩きをしながら危険な場所や知っておきたい防災設備など防災マップ作りを通して、子供たちの気づきを引き出し、地域との関係性を深めることにつなげました。

防災マップ作りは前年度のものをベースに次年度は新たな気づきやアイディアを加え、年々進化したものに成長しています。