インターンシップ・職場体験

インターンシップ/職場体験・工場見学への積極的な取り組み

ハリウコミュニケーションズ株式会社は、日本ではまだインターンシップが一般化されていない平成9年より独自にインターンシップをスタートさせました。
インターンシップは学生にとって社会や仕事を知るための重要な体験の場です。スタートした時点では工専や大学2校ほどの実験的なインターンシップでしたが、近年では毎年複数の大学より7~8名ほどのインターンを受け入れ、様々な仕事体験プログラムを行っております。また、中学生の職場体験や小学校の工場見学の受け入れも積極的に行っております。他にも不登校生の職場体験なども受け入れるなど、受け入れ対象の幅を広げています。
今後も、企業が持つ資源を地域に還元し、地域人材育成に力を注いで参ります。

小学生向けには、3,4年生社会科の「はたらく人とわたしたちのくらし」のなかの「工場の仕事」の単元に合わせた見学と体験学習の受け入れを行っています。子供たちからは「印刷機の仕組みにおどろいた」「ノートづくりの体験が楽しかった」「印刷物を作るのに電機や水も必要だということを学んだ」など。手応えのある感想をたくさんいただいております