仙台市不登校支援ネットワーク

仙台市不登校支援ネットワークとの協働~仙台市内の不登校児童生徒のサポート~

仙台市不登校支援ネットワーク(代表 針生英一)は、平成16年2月「不登校問題は、社会全体で取り組むべき課題と考え、市民・大学・企業・行政などがそれぞれの特性を生かしながら相互にパートナーとして融合し、一体となって不登校の児童生徒や保護者を支援する仕組みづくりを行う」ことを趣旨として仙台市と民間とで立ち上げた全国で初めての事業です。ハリウコミュニケーションズは、立ち上げ当初よりこの事業に深く関わり、様々な支援を行ってきました。
現在、20を超える企業・団体がこの趣旨に賛同し、それぞれの特性を生かした活動に積極的に取り組んでいます。例えば、IT関連企業の協力のもとにパソコンを使った学習環境の整備・パソコン実習やNPOによる動物介在活動等を通して、不登校児童生徒の支援にあたっています。また、大倉地域をフィールドに、自然体験活動を実施したり、さらには、ネットワークを生かし、不登校の子供たちの職場体験を実施するなど、不登校児童生徒のサポートを行ってきました。他にも不登校に関するセミナーを開催し、不登校児童生徒の理解を促進させたり、親の不安をケアする活動、そして進路相談会の開催など、あらゆる点から不登校児童生徒をサポートする活動を行っています。