地域における協働の取組

出前講座

オフセット印刷の仕組みとハリウノート作り

更新日:2021.12.13

昨年度から実施している出前講座。仙台市適応指導センター様の依頼より、12月9日(木)に杜の広場八木山、12月10日(金)に杜の広場青葉にて出前講座を行いました。

子どもたちが学んでいる世界史や日本史の出来事と印刷技術の発展が大きく関わっていたことを古い印刷物の資料を用いて紹介しました。また、オフセット印刷の仕組みについて手作りのキットを使い説明しました。拡大レンズで印刷物を見たときは驚きの声が上がり、4色のインキを使ったカラー印刷のしくみに興味を持ってくれました。毎回好評の、16ページの中綴じ「オリジナルハリウノート」作りを通じて、印刷・製本に関する知識を学びました。

最後に、不登校支援ネットワーク代表でもある社長からのメッセージをお伝えし、講座を修了しました。

今日は出前講座を受講していただき、ありがとうございました。コロナ禍でなければ、会社で職場体験をしていただきたかったのですが、今回は出前講座という形で将来の仕事について考えて頂く機会を設けていただきました。(中略)

世の中には、実はたくさんの仕事があります。その中には自分の興味関心が持てること、自分の能力が発揮できる仕事が必ずあります。様々な人の話を聞いて、焦らず、じっくりと時間をかけて自分らしい仕事を見つけてください。